白打掛

 

“白”は、はるか遠い昔から神聖な色として、さまざまな儀式で使われてきました。
白無垢を着てお嫁入りをするということは、これからどんな家風にも染まりますと
いうけなげな気持ちと心身が清らかであることを表しています。
住み慣れた親元を離れ、新しい人生に向かって大きな決断をする花嫁にとって
純白の衣裳は、最も相応しい装いと言えるでしょう。
花嫁様の白打掛には、織物や刺繍もの、染めものがあり、又、無垢のものから
金糸銀糸の刺繍を施したもの、淡い色をグラデーションに彩色したもの、綸子
生地をベースにしたもの、オーガン地にレースや刺繍を施したものまでいろいろと
創られています。


各種白打掛

白絹糸だけで吉兆の図柄を織り
込んだ本来の清楚な白無垢打掛
白無垢打掛に淡く輝くラメ加工を
随所に施した可愛い感じの白打掛
白糸て゛織り上げた図柄の上に
更に刺繍を施した豪華な白打掛


錦糸を使った箱刺繍で艶やかな
百合を模った印象的な白打掛

クッキリとした胡蝶蘭と淡いピンク
のグラデーションが可憐な打掛

織とラメの図柄に更に高度な
刺繍を施した重厚感のある打掛






雅に装う色打掛